基本的な考え方

生化学工業の技術や製品などに関する知的財産を適切に保護することは、競争力を維持し、独創的で高品質な医薬品・医療機器等の更なる創製と提供を通じて、健康で心豊かな生活に貢献し続けるために不可欠です。当社では、知的財産を重要な経営資源のひとつと位置付け、グローバルな知的財産活動を推進しています。

知的財産戦略について

知的財産部を研究開発本部の傘下に配置して、創薬に携わる研究・開発部門はもとより、事業推進部門や生産部門等とも緊密に連携しながら、知的財産(特許・意匠・商標・著作権・ノウハウなど)に関する活動をグローバルに展開しています。


重要な活動のひとつは「知的財産の保護・活用による当社事業への貢献」です。例えば、医薬品等の化合物の物質特許だけでなく、用途・製剤・製法・中間体などさまざまな特許で製品を保護し当社の優位性が確保されるよう、戦略的に特許出願・権利化を進めています。そして当社の知的財産に対する侵害や、模倣品などに対しては、法的対応を含め適切な措置を講じていきます。


また、「当社事業の自由度・安全性確保」も重要な活動です。第三者が所有する知的財産権の調査・侵害予防などを通じ、第三者の知的財産権を尊重し、これに十分配慮することとしています。