生化学工業が提供するエンドトキシン測定用試薬は、医薬品や医療機器の製造工程における品質管理や、人工透析に使用する透析液の水質管理等に使用されています。LAL事業における国内展開は当社が行っており、主に注射剤等を製造する製薬企業に向けてエンドトキシン測定用試薬や関連機器を販売しています。

海外では、当社の100%子会社であるアソシエーツ オブ ケープ コッドインク(ACC社)が展開しています。ACC社は1977年にエンドトキシン測定用試薬の開発を世界で初めて成功させ、FDA(米国食品医薬品局)からの承認を取得した会社です。米国や欧州を中心としたグローバルな販売ネットワークを活かし、エンドトキシン測定用試薬やグルカン測定体外診断薬を供給しており、海外事業拡大における重要な役割を担っています。