ヒアルロン酸は、化粧品、健康食品、医薬部外品*の添加物や、医薬品の主成分としても使用されています。特に、化粧品、医薬品では、保水性や粘弾性のみならずその特性が活かされています。
 

*医薬部外品(いやくぶがいひん)とは、日本の薬機法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものをいいます。

化粧品・医薬部外品等

赤ちゃんの肌がみずみずしく張りがあるのは、ヒアルロン酸を多く含んでいるからです。保水力に優れるヒアルロン酸は、皮膚の潤いを保つ化粧水、スキンクリーム、入浴剤などに使われています。また、洗口液、洗眼液にも含まれています。

医薬品・医療機器(医療用/一般用)

医薬品や医療機器には、純度の高いヒアルロン酸が使われています。関節機能改善剤、眼科手術補助剤、点眼剤、内視鏡用粘膜下注入材などで、保水力や粘弾性のほかにも、さまざまなヒアルロン酸の特性が活かされています。