速解! 生化学工業

研究開発型製薬企業

経営資源を積極的に研究開発に投じています。

生化学工業は、糖質科学に研究開発の焦点を絞り、国際競争力を確立する
「グローバル・カテゴリー・ファーマ(※)」として着実な成長を持続することを目指す、研究開発型の製薬企業です。
売上高の20〜30%を研究開発費に充てることに加え、全従業員の約3分の1が研究開発に携わっていることなど、多くの経営資源を新薬開発に投じています。

また、販売部門を持たず、研究開発と生産に集中するという製薬会社としてはユニークなビジネスモデルを有しており、これらにより、継続的かつスピーディーな新薬開発を実現する体制を構築しています。

※グローバル・カテゴリー・ファーマ
研究開発を得意分野に絞り込んで国際競争力の強化を図る新薬開発企業を意味します。
厚生労働省の「新医薬品産業ビジョン」において、今後生き残っていく製薬企業の姿の1つとして提言されています。

研究開発費(連結)の推移

研究開発要員(連結)の比率