研究者・スタッフプロフィール RESEARCHER & STAFF PROFILE

研究者Voice

生化学工業にまつわる様々なご質問に研究者がお答えします。

Q1. 生化学工業に入社を決めた理由は何ですか?

糖質科学という分野に特化しており、他の製薬会社と異なる独特な発想をしている点と、自社でMRを持たないという企業戦略から研究開発に特化しているという印象を受けたからです。

製剤技術研究室 Yさん

売上高の20%程度を研究開発費に充てることや、全従業員の約3分の1が研究開発要員であることから、創薬研究に没頭できそうだと感じたので。

製剤技術研究室 Tさん

3つあります。
  • 糖質科学を使った創薬が面白いと感じたこと。
  • 自分が主体的に研究することができると思ったこと。
  • 若手社員の方々とお話する機会があったときに、みなさん楽しそうに働いている様子を話してくださっているのを見て、ここならば精力的に研究に打ち込むことができると思ったからです。

糖鎖研究室 Yさん

他社がなかなか着手していない分野なので、自身の専門性を高められることと、未開拓の研究領域もあるという期待を感じたからです。

糖鎖研究室 Wさん

糖質科学という基盤となる技術を持っている点。規模がそれほど大きくないので若いうちから責任のある仕事を任せてもらえそうだったからです。

薬理研究室 Sさん

パイオニア的な視点を持っていることから、チャレンジ出来る環境が整っていると感じたことを覚えています。また、部署を越えた意見交換が頻繁に行なわれている印象を受けたことと、少人数で仕事に取り組むということで、多くの業務に挑戦できると考えたからです。

品質開発研究室 Hさん

待遇面の満足度及び雇用体制の安定を考慮したためです。

安全性代謝研究室 Kさん

学生時代に糖に関連した研究を行っており、糖質科学に特化した創薬活動を行っている当社に魅力を感じたからです。

安全性代謝研究室 Kさん

学生時代に身に着けた薬理学、毒性学等の知識を活かしながら、糖質科学という新たな分野にも挑戦したいと思ったからです。

安全性代謝研究室 Iさん

核酸やペプチドに比べてマイナーな糖質科学分野に領域を絞っている点で、オリジナリティーの高い仕事ができると思ったからです。

薬理研究室 Uさん