研究開発

研究開発体制

創薬の企画から市販後の調査まで、一貫した体制を確立

生化学工業では、医薬品開発の源流から川下までのプロセスを密接に連携させるために、研究開発本部の傘下に関連部門を集約した体制を構築しています。医薬品の候補となる物質の探索、薬効や安全性・薬物動態の評価などを行う中央研究所、治験薬製造や製造プロセスを設計し、工業化検討を行うCMC研究所、そして臨床開発、市販後の調査(製造販売後調査)まで、様々な創薬にかかる活動を一貫した体制のもと推進しています。

中央研究所

創薬研究の主要拠点である中央研究所では、先進の設備を揃え、充実した環境のもと、研究者の創造性を高め、自助風土の醸成を重視した運営を行っています。

近年、創薬の成功確率が低下している一つの要因として、創薬基盤技術の欠如が挙げられます。中央研究所では、他社と差別化した独自の糖質に関する科学技術と知識経験を蓄積しています。また、国内外の大学、企業と連携し、アイデア探索および新技術開発のための基礎研究も積極的に展開しています。これらを通じて、特化した技術と独創的アイデアをベースに、他社には真似のできない製品の創出を目指しています。

<研究室紹介>

  • ・糖鎖研究室:医薬品の候補物質としてGAGs(Glycosaminoglycans、グリコサミノグリカン)およびその関連物質を探索する
  • ・合成研究室:新規候補物質を作り出す
  • ・薬理研究室:薬効の評価やその作用やメカニズムを研究する
  • ・安全性代謝研究室:生体へ投与した際の候補物質の体内動態や副作用につながる特性を評価する
  • ・探索製剤研究室:基礎的な物理化学的検討から製剤化研究を行う

研究所新棟  研究イメージ

CMC研究所

生化学工業は、日米欧の規制に対応した高品質な医薬品および医療機器を供給するために、生産部門と連携し、研究開発段階から一貫した品質開発を行っていく体制を構築しています。その一環として、これまで中央研究所や生産部門が担ってきたCMC関連業務を集約化させ、その機能を一層強化するため、2013年4月にCMC研究所を設立しました。これにより、研究から生産までの一貫した体制で、より専門性の高い業務遂行を通じて新薬開発のスピードアップを図っています。

<研究室紹介>

  • ・製剤技術研究室:候補物質の原薬(医薬品の有効成分)、製剤処方、包装および製造プロセスを設計し、工業化検討を行う
  • ・品質開発研究室:物理的化学的性質の研究、品質評価のための試験法を開発し、治験薬の品質保証を行う

*CMC:Chemistry, Manufacturing and Control の略。
原薬および製剤の物理化学的性質や規格、それらの製造プロセスと品質管理を意味する。

研究開発組織図

研究開発組織図

このページのトップ

Copyright © SEIKAGAKU CORPORATION All rights Reserved.